民事事件の費用


着手金

最初に「着手金」というものを頂きます。

事件の種類や難易度によって異なりますが、以下が標準額です。

 

経済的利益が

 ~125万円 10万円

 125万円~300万円  8%

 300万円~3000万円 5%+9万円

 3000万円~3億円 3%+69万円

 3億円~ 2%+369万円

 

これに消費税を加えた金額になります。

 

「経済的利益」は、

 金銭の請求なら請求額

 不動産が問題になるときは原則として固定資産評価額

 自動車などの動産なら時価

で計算します。

 

事情によっては後払いや分割払いにすることもありますので,ご相談下さい。

 

報酬金

事件が終わったときには「報酬金」というものが発生します。
100万円請求したのに80万円しか認められなかった場合、「失敗」と考える依頼者もいるのでしょうが、80万円の利益があったとして報酬金が発生します。
不動産を取得できた場合も、固定資産評価額が300万円の不動産であれば、300万円の利益があったとして報酬金が発生します。
さらに、300万円を請求されて、最終的に200万円を払うことで和解できた場合も、差額の100万円の利益があったとして報酬金が発生します。
 
報酬金は具体的な事情で増減することがありますが、原則として、以下のように計算します。

 

経済的利益が

 ~300万円 16%

 300万円~3000万円 10%+18万円

 3000万円~3億円 6%+138万円

 3億円~ 4%+738万円

 

これに消費税がかかります。

 

法テラスについて

法テラスが利用できる場合は,基準が別になって,費用も分割払いできます。

詳しくは,法テラスについてをご覧下さい。