後見事件の費用


成年後見・保佐・補助の申立て

21万6000円


弁護士が成年後見人・保佐人・補助人に選任された場合は,1年に1度,家庭裁判所が報酬を決め,ご本人(成年被後見人・被保佐人・被補助人)の財産から報酬が支払われます。

報酬の金額は家庭裁判所が決めるので何とも言えませんが,おおむね月額1万~3万円くらいが目安です。

あくまでご本人の財産の規模で決められるので,報酬が支払えないとか,親族がかわりに支払わなければならないということはありません。



任意後見契約

契約の締結  5万4000円

任意後見契約は公正証書でしなければなりませんので,この他に公正証書の作成手数料として数万円がかかります。

任意後見契約を締結すると,その月から

 月額 5400円~5万4000円(標準2万1600円)

の報酬が発生します。

ずいぶんと幅が大きいのですが,ご本人の財産の規模で報酬額を決めます。

お子さんに障がいがあり,財産はないが将来のために任意後見契約をしたいという場合は,月額5400円でもやっています。